温熱治療ができるってことは

midorikawaでございます。

メディカーボンのベッドパッドが好評いただいてる中で、サロン用パッドをプロの方への予約をスタートしてます。最速で11/16お届けです。数量限定ですが、初回導入価格でご紹介してるのでよろしければこの機会に。

さて、医療機器取得してるので温熱治療できるのですが、

温熱治療ができるってことは↓

血行促進、筋肉痛・神経痛の緩和、筋肉痛のコリ・疲れの緩和、疲労回復が期待できるってことです
じゃ、血行促進ができるってことは?

筋肉痛・神経痛の緩和ができるってことは?

筋肉痛のコリ・疲れの緩和ができるってってことは?

疲労回復ができるってことは?
ってことです
これらを目的のひとつとして技術提供してるなら、これで環境ととのえてさらによい結果につながるってことをイメージしてもらったら。というわけなんですよ

手技、手法でよいと思われるものを磨き上げてきていると思うのです。が、結果の出る環境を作ることを考えてる人がほとんどいないのでお伝えしてます。照明や音楽や香りで環境をお作りの方は多いです。必要なことですよね。で、私が言ってるのそれらの環境ももちろんですけど、技術を引き出す環境って話です

だから、血のめぐりをよくするってことが(血行促進、筋肉痛・神経痛の緩和、筋肉痛のコリ・疲れの緩和、疲労回復)あなたの手技の目的にあるのなら、お役に立ちますよっていうことです

で、温熱っていうくらいなので、温めるわけですけど、温めるのに熱源が必要になるわけです

一般的な温めるものは電気つかって温めたりとか。で、人によって体温とか違いますよね?だから、何分かしたら電源切れるとか、何分以上使わないでくださいとか、使えないようになってますね

で、メディカーボンは熱源が使用してる本人なんですね

人間、熱を発してるでしょ?それをメディカーボンが受け止めて、返してあげてるわけです。遠赤外線として

熱の伝え方のイメージです。

鉄板で直接焼いたステーキとうなぎとかで熱から距離をとって焼くのは仕上がり違いますよね?

ステーキは表面焼けてなかはレア

うなぎとかは中までふっくらと
自分の熱を利用して、うなぎとのように中から温めるイメージなので、内側からじわっ〜と暖かいのですよ。使用した方が優しい温かさとかってのはこれのこと

カイロとか外部からの熱で温めるのは、体温より高いもので温めるたら、自分で調整しないと低温火傷になったりしちゃうことも

けど、熱源が自分なら低温火傷はしないわけです体温と同じですから。で、放熱してる体温を遠赤外線にして戻してるっていうエコなあたためめ方なんです。「体温リサイクル」って言ってます
で、これをいろんな実証や実験した結果がいろいろあるのですけど、簡単に言うと、毛細血管まで血がめぐるってことが。

どういうことかと言うと、ざっくりですけど、血液って温かいですよね?それが毛細血管までちゃんと届いていたら温かい。届いてないと温かくないってことです。メディカーボンは毛細血管まで血がめぐりますよ!ってことです

他にも、よく寝れて睡眠の質上がるとか、ドライアイにいいとかの結果がでてるのですけど基本同じです
で、臭わないとかダニの忌避とかいろいろありますけどまた今度

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中